CAPITAL EYE

株式・債券の発行市場にフォーカスしたニュースサイトです。

上場会見:ファインズ<5125>の三輪社長、SMBに動画を

28日、ファインズが東証グロースに上場した。初値は公開価格の1800円を50.17%上回る2703円を付け、2203円で引けた。SMB(Small to Medium Business)向けに動画を使ってマーケティングを支援するVideoクラウド事業を手掛ける。Webサイトなどに掲載する動画の制作からプラットフォーム上での配信、視聴データなどを分析する「DXコンサルティング」まで一気通貫で提供する。三輪幸将社長が東京証券取引所で上場会見を行った。

三輪社長は、Videoクラウドについて、動画に対する反響などのデータを収集して効果を可視化するなどして継続的なサービス提供を行うためストック収益となると説明した。

三輪社長は、Videoクラウドについて、動画に対する反響などのデータを収集して効果を可視化するなどして継続的なサービス提供を行うためストック収益となると説明した。

―初値が公開価格を上回ったが受け止めは
株主から期待されていると同時に、初値が付いたなかで、さらに責任を痛感している。

―上場の狙いや認識する課題、成長戦略は
上場したことで得た資金は、人材の確保や、Videoクラウドのアップデートに投資したい。また、セールスコンサルタントの増員が売り上げにヒットするので、営業体制をしっかり構築したい。発展途上で平均年齢27.5歳の会社であるため、採用してきたメンバーの教育に力を入れたい。

―三輪社長が設立したのか
動画の事業をこの会社でやっていこうと始めた。私自身はフリーセルに2008年に入社した。当初はホームページなどの販売を行っていた。その後、ファインズの設立と同時に出向という形で来て、当時はガラケー向けのホームページなどの販売をし、その後、SEOやMEO、予約システムの販売をしていた。今後は動的コンテンツがさらに伸びていく、将来的にはどの企業もホームページを当たり前に持つのと同様に、動画を当たり前に持つ時代が来ることを予見して、2015年に事業を開始した。

―収益構造はフロー型がメインか
現段階ではフロー型で、今後はVideoクラウドの月額を受け取っているので、その売上高の絶対額を上げていきたい。

―クライアントは年間でどの程度の数の動画を作るものなのか。どんな動画を作るのか
当社の作る動画は広告向けの動画とは異なる。企業のブランディングや、採用される人のエンゲージメントを高めていくような、だいたい3~5分ぐらいの若干長めの動画を作っている。

その動画の周期は、ホームページと同じような周期で大体3~5年に一度作り変えるという契約を受けている。

―関連してだが、Video BRAINなど簡単に動画を作れて頻繁にアップデートできるというサービスがあるが、そのようなものとは競合関係にならないのか
基本的にVideo BRAINやリチカは、インハウスで動画を作るニーズが顕在化している中・大手の会社がメインではないか。当社のメインターゲットはSMB領域なので、市場でバッティングすることはほとんどないと見ている。

―現状で内製化はどの程度まで進んでいるのか。今後、どの辺りを内製化したいのか
前期実績で46.5%だが、足元では今期は約60%を目安として活動している。現段階では順調に進んでいる。

―どの工程を内製化するのか
編集やエディターの部分に力を入れている。ディレクションに関してはほぼ100%当社で行っている。エディターが増えると原価をさらに圧縮し、利益率向上につながる。

―株主にEPARKが入っているのは
当社が予約事業に注力していた際に、予約システムの販売先がリラクゼーションサロンや整体サービスなど来店型の顧客がメインだった。そのなかでEPARKと市場でかなりバッティングする機会があり、価格競争に入っていった。

Airリザーブの参入で、そこでバッティングするなかで、ライバル同士でいるよりも手を組んで打倒Airリザーブで進めることが望ましいことと、当社が当時財政状況があまり良くなかったので、第三者割当増資の形で出資を受けた。

当社の顧客の一部をリプレースすると同時に、EPARKからのリラクゼーションエステ部門で予約システムを一部担う業務提携を行った。現在は市場が飽和状態になっているので、足元では新規の販売を行っていない。

―株主還元の考え方は
現状、まだ財政基盤ができていない部分があるので、内部留保に努めていきたい。今後は配当も含めて検討しているが、いつからということは現段階では言えない。

[キャピタルアイ・ニュース 鈴木 洋平]


Updated: 2022年9月29日 — 10:24
CAPITAL EYE © 2016
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、株式会社キャピタル・アイは一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、株式会社キャピタル・アイ及び情報提供者に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。