株式・債券の発行市場にフォーカスしたニュースサイト

起債観測

阪急阪神ホールディングスが5年・10年債を準備している。発行額は5年債が100億円、10年債が200億円程度。条件決定は7月上旬を予定している。

日本郵政が一般担保付き5年債を準備中。発行額は200億円程度(最大300億円)。条件決定は7月中旬を予定している。

清水建設が5年物グリーンボンド(GB)を準備中。発行体は、2023年1月にサステナビリティボンド・フレームワークを策定し、ICMAの「グリーンボンド原則2021」、「ソーシャルボンド原則2021」、「サステナビリティボン…

すかいらーくホールディングスが5年債を準備している。発行額は未定。6月下旬の条件決定を予定しており、POT方式を採用する予定。

コマツが3年・5年の2本立て債を準備中。発行額は各200億円で、7月上旬の条件決定を予定している。

三井住友信託銀行が5年債を中心とした社債を準備中。発行額は未定で、条件決定は7月8日の週後半以降を予定している。

JR九州が5年・10年・20年の3本立て債を準備している。10年債はグリーンボンドとして発行する。発行体は「ICMA グリーンボンド原則2018」と「グリーンボンドガイドライン2020年版」に則したフレームワークを策定し…

JR東日本が10年債のほか20年債を中心とした超長期債を準備中。発行額は未定で、最速7月上旬の条件決定を予定している。

イオンがサステナビリティ・リンク・ボンド(SLB)の主幹事を変更した。変更後はみずほ証券、野村証券、SMBC日興証券、大和証券。変更前は、みずほ証券、野村証券、SMBC日興証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、大和証…

横浜高速鉄道(みなとみらい21線)がグリーンボンド(GB)を準備している。調達資金は、みなとみらい21線開通に関する資金のリファイナンスに充当する。GBの適格性に関する外部評価として、JCRから「JCRグリーンファイナン…