CAPITAL EYE

株式・債券の発行市場にフォーカスしたニュースサイトです。

財務担当に聞く:兵庫県、主幹事方式で好循環

有馬温泉(神戸市北区、2021年3月1日)

有馬温泉(神戸市北区、2021年3月1日)

兵庫県は、1995年の阪神・淡路大震災をきっかけに財政が悪化し、県債も選別の対象とされてきたが、2019年度に全年限で主幹事方式を採用してから、徐々に需要の好循環が生まれている。県財政や今後の起債について企画県民部企画財政局財政課資金財産室長の和田博一氏、班長の荻裕之氏、主任の井澤禎明氏に話を聞いた。

この記事は全文お読みいただけます。こちらをクリックしてPDFファイルをダウンロードしてください。


Updated: 2021年12月1日 — 16:39
CAPITAL EYE © 2016
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、株式会社キャピタル・アイは一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、株式会社キャピタル・アイ及び情報提供者に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。