CAPITAL EYE

株式・債券の発行市場にフォーカスしたニュースサイトです。

財務担当に聞く:水資源機構、SDGsとの親和性

水資源機構は、最大50億円の3年サステナビリティボンドを第3四半期に起債する。1962年に水資源開発公団としてスタートし、2003年に独立行政法人化した機構は、水の安定供給や台風などによる洪水被害の回避と軽減を責務とし、ダムなどの建設と管理運営を行っている。SDGsとの親和性が高く、昨年度に初めてサステナ債を発行した。発行の経緯や今後の起債などについて、財務部資金課長の中山毅氏、課長補佐の金森幸治氏、主査の加藤晶久氏に話を聞いた。

この記事は全文お読みいただけます。こちらをクリックしてPDFファイルをダウンロードしてください。


Updated: 2021年11月19日 — 17:15
CAPITAL EYE © 2016
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、株式会社キャピタル・アイは一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、株式会社キャピタル・アイ及び情報提供者に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。