株式・債券の発行市場にフォーカスしたニュースサイト

財投機関債

都市再生機構は、第2四半期の財投機関債について、主幹事を大和証券とSMBC日興証券、バークレイズ証券、野村証券の体制とした。三菱UFJモルガン・スタンレー証券を除外し、野村証券を新たに加えた。年限は中長期サステナビリティ…

20日、国際協力機構(JICA)の5年サステナビリティボンドが条件決定した。以下は案件レビュー。 回号 79 年限 5年 発行額 200億円 表面利率 0.580% 発行価格 100 ローンチ・スプレッド 国債+7bp/…

7日、日本高速道路保有・債務返済機構の3本立て債(AA+:R&I/A1:ムーディーズ、総額700億円)が条件決定した。以下は案件レビュー。 回号 年限 発行額 償還日 表面利率 対国債 対カーブ 主幹事 330 …

16日、鉄道建設・運輸施設整備支援機構の10年CBI認証付きサステナビリティボンドが条件決定した。以下は案件レビュー。 回号 168 年限 10年 発行額 130億円 表面利率 1.019% 発行価格 100 ローンチ・…

国際協力機構(JICA)が5年サステナビリティボンドを準備している。同債は国際資本市場協会(ICMA)が定めるサステナビリティボンドの要件に従った債券として、ムーディーズからセカンドパーティーオピニオンを取得している。T…

日本学生支援機構が次回2年ソーシャルボンドの発行概要を決定した。同債の発行に当たり、ICMAが定義するソーシャルボンド原則等に基づくソーシャルファイナンス・フレームワークを策定し、JCRからセカンド・パーティ・オピニオン…

沖縄振興開発金融公庫が10年サステナビリティボンドを準備している。同債は、「サステナビリティボンドガイドライン2021」、「グリーンボンド原則2021」、「ソーシャルボンド原則2021」、環境省が定める「グリーンボンドガ…

5日、日本政策投資銀行の3本立て債(AA+:R&I/AAA:JCR/A1:ムーディーズ/A:S&P、総額1050億円)が条件決定した。以下は案件レビュー。 回号 年限 発行額 償還日 表面利率 対国債 対…

日本高速道路保有・債務返済機構が2024年度第1四半期に発行するソーシャルボンドの主幹事を指名した。条件決定時期、年限、発行額、各年限の主幹事は以下の通り。

都市再生機構は、2024年度上期財投機関債の主幹事に大和証券とSMBC日興証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、バークレイズ証券を指名した。サステナ債は、ICMAの「グリーンボンド原則2021」と「ソーシャルボンド原…