株式・債券の発行市場にフォーカスしたニュースサイト

ichigeki

BEST ISSUER OF 2023 非居住者円債部門 BPCE 当年度は2回の起債で総額3427億円と、前年度の同1851億円を大幅に上回る額を供給した。7月は各4本のシニア債と非上位シニア(SNP)債で、発行体の円…

R&Iは19日、近鉄グループホールディングスの発行体・債券・発行登録予備格付けをBBBからBBB+に引き上げた。 「鉄道は旅客の戻りや運賃改定で、運輸収入はコロナ前水準への回復を見込む。鉄道以外に不動産、百貨店、…

19日、マルハニチロの5年債が条件決定した。以下は案件レビュー。 回号 3 年限 5年 発行額 150億円 表面利率 0.951% 発行価格 100 ローンチ・スプレッド 国債+48bp 参照国債回号 354 参照国債償…

19日、オリックス銀行の5年債が条件決定した。以下は案件レビュー。 回号 4 年限 5年 発行額 100億円 表面利率 0.771% 発行価格 100 ローンチ・スプレッド 国債+30bp 参照国債回号 354 参照国債…

19日、丸紅の10年債が条件決定した。以下は案件レビュー。 回号 118 年限 10年 発行額 140億円 表面利率 1.127% 発行価格 100 ローンチ・スプレッド 国債+26bp 参照国債回号 374 参照国債償…

18日、JERAの2本立て債(A+:R&I/AA-:JCR、総額260億円)が条件決定した。以下は案件レビュー。 回号 年限 発行額 償還日 表面利率 対国債 主幹事 24 5 200 29/4/25 0.876…

三菱UFJフィナンシャル・グループがAT1債を準備している。年限と発行額は未定で、起債時期は最速7月。

JCRは17日、京成電鉄の長期発行体格付け(A+)の見通しを安定的からポジティブに変更した。 「成長戦略に沿った事業基盤の強化が進んでいる。成田空港輸送ではJRとの競合が見られるものの、有料特急スカイライナーの増発など利…

16日、地方公共団体金融機構(JFM)の5年グローバルドル債が条件決定した。以下は案件レビュー。 回号 106 年限 5年 発行額 15億ドル 表面利率 5.000% 発行価格 99.716 応募者利回り 5.071%(…

16日、クレディセゾンの2本立て債(A+:R&I、総額450億円)が条件決定した。以下は案件レビュー。 回号 年限 発行額 償還日 表面利率 対国債 主幹事 101 3 200 27/4/30 0.599% +3…