株式・債券の発行市場にフォーカスしたニュースサイト

近鉄GHD5年債:+54bpで乗車券争奪

14日、近鉄グループホールディングスの2本立て5年債(BBB:R&I/BBB+:JCR、総額300億円)が条件決定した。以下は案件レビュー。

回号 年限 発行額 償還日 表面利率 対国債 主幹事
123* 5 200 28/7/28 0.669% +54.0bp# 野村
124 5 100 28/7/21 0.669% +54bp 三菱/野村

※発行額:億円、#はキャピタルアイ・ニュース算出
*リテール債

近鉄1010系(近鉄名古屋駅 2017/12/21 撮影 kikuchi)
近鉄1010系(近鉄名古屋駅 2017/12/21 撮影 kikuchi)

200億円の個人投資家向け債と100億円の機関投資家向け債の組み合わせ。ホールセール債は、直接比較できるトリプルB格の銘柄がないなか、シングルA格の社債の実績をベースにマーケティングを行い、国債+54bpに落ち着いた。+50bp台半ばとしたことで、350億円ほどのオーダーを獲得している。発行体の起債は昨年12月の2本立て債(総額500億円)以来7ヵ月ぶり。キャピタルアイ・ニュースで続きを読む