株式・債券の発行市場にフォーカスしたニュースサイト

起債観測

25日のクレジット市場は、最速で今月下旬の起債を目指していた大阪市債が日銀会合後に条件決定する見通しとなった。 大阪市債は今日、最速今月下旬での条件決定を断念し、日銀会合後の11月に新たな起債タイミングを模索することとし…

JCRは29日、LINEの長期発行体格付け(AA-)と国内CP格付け(J-1+)を発行体からの申し出で撤回した。キャピタルアイ・ニュースで続きを読む

川崎市が同市として3回目となるグリーンボンドの発行を予定している。条件決定は11月を予定している。 今年度、同市はグリーン/ブルーボンド・フレームワークに改定しており、新たに海洋保全を目的とするブループロジェクトを加えて…

福井県がフレックス枠から同県初となるグリーンボンドを準備している。年限は10年で、発行額は50億円。起債時期は10月以降を予定している。キャピタルアイ・ニュースで続きを読む

27日のクレジット市場は、中古車販売・買取会社であるビッグモーターの保険金不正請求問題の関係先である損害保険ジャパンの既発債に売りニーズが見られた。 債券相場で先物(9月限)は前日比1銭高の148円41銭で取引を終了。2…

14日のクレジット市場は、楽天グループの外貨建て永久劣後債が値下がりした。 債券相場で先物(9月限)は前日比27銭安の147円33銭で取引を終了。27~28日の日銀会合でのイールドカーブ・コントロール(YCC)政策の再修…

22日のクレジット市場は、JCRによる格下げを受け、楽天グループの現物債が値下がりし、CDSの気配がワイドニングした。 クレジット物では、JCRにシングルAフラットから同マイナスに昨日格下げされた楽天Gの既発債が値下がり…

15日のクレジット市場は、来週の登場が見込まれる東京都5年ソーシャルボンドについて、グリーンボンド(GB)と同幅のESGプレミアムを狙う可能性があるとの見方が示された。 債券相場で先物(9月限)は前日比4銭安の148円8…

みずほフィナンシャルグループが2本立てB3T2債を準備中。年限は10年ブレットと10NC5で、引受人はみずほ証券と野村証券、大和証券、楽天証券、岡三証券、東海東京証券。発行額は未定で、条件決定日は29日を予定している。キ…

今月の普通社債の発行額(払い込みベース)が12日時点で2兆234億円に上った。4~5月の合計である1兆2468億円より8000億円近く多く、前年同月の1兆4195億円を6000億円強上回っている。単月で2兆円を超えるのは…