株式・債券の発行市場にフォーカスしたニュースサイト

この記事は有料記事です

コマツ債:「目をつぶってでも買いたい」

10日、コマツの2本立て債(AA:R&I、総額400億円)が条件決定した。以下は案件レビュー。

回号 年限 発行額 償還日 表面利率 対国債 主幹事
17 3 200 2027/7/16 0.608 21 野村/大和/みずほ
18 5 200 2029/7/17 0.803 20 大和/野村/みずほ

発行額:億円/表面利率:%/対国債:+bp

コマツ本社(2020年2月2日、東京・赤坂)

昨年11月にR&IからダブルAフラットに1ノッチ格上げされてから初めての起債。社債市場への登場は昨年7月以来1年ぶりだが、前々回債は2020年7月までさかのぼる。格上げ効果や希少性で、3年債が国債+21bp、5年債が+20bpと、ともに足元の最低水準に着地し、それぞれ約2.8倍、約2倍の需要を集める人気ぶりだった。

この記事は有料記事です。全文をお読みいただくには、
法人向けサービス(有料)へのお申し込みが必要です。