株式・債券の発行市場にフォーカスしたニュースサイト

この記事は有料記事です

北海道電17年債:立て込むなかでのオッド年限

5日、北海道電力の17年債が条件決定した。以下は案件レビュー。

回号 394
年限 17年
発行額 44億円
表面利率 2.095%
発行価格 100
ローンチ・スプレッド 国債+38bp
参照国債回号 177
参照国債償還日 2041年6月20日
プライシング基準 JGB
償還日 2041年7月25日
格付け A(R&I)
ブックランナー 野村
主幹事 SMBC日興/みずほ

北海道電力本店(2023年10月30日、札幌市中央区)

一般債が起債ラッシュとなり、電力債の供給も多いなか、北海道電はオッドの17年債を起債した。「20年より短い年限での購入ニーズと、発行体のデュレーションニーズがあったことから組成に至った。20年まで年限を伸ばさずに2%以上の絶対値が確保されることから、地方投資家が選好してオーダーを入れた」(野村)。需要に応じた44億円での起債に至っている。

この記事は有料記事です。全文をお読みいただくには、
法人向けサービス(有料)へのお申し込みが必要です。