CAPITAL EYE

株式・債券の発行市場にフォーカスしたニュースサイトです。

◎郵政3社の株式売り出し

■かんぽ生命保険の上乗せ規制

郵政民営化法に従って、新商品の発売や新たな資産運用手段を実施する際に、同業他社と比べて対等な競争条件かを郵政民営化委員会の審議にかけ、パブリックコメントに付したうえで、総務省と金融庁の認可を得る。保険業法でも同様の認可を必要とする。このほか、M&A不可、被保険者一人当たりの加入限度額(2016年4月1日から最大2000万円に引き上げ)が定められるなど、生命保険業界ではかんぽ生命のみに課された法令規制となっている。

但し、国(日本郵政)の議決権比率が50%を切ると、認可制から届け出制に切り替わるため、経営の自由度が高まる。2019年4月の売り出し後は、日本郵政の議決権比率は3分の2程度(売却前89%)まで下がる見通し。

会社名 日本郵政(6178) かんぽ生命保険(7181) ゆうちょ銀行(7182)
■IPO
上場日 2015年11月4日 2015年11月4日 2015年11月4日
グローバル・コーディネーター 野村/三菱UFJMS/GS/JPM 野村/三菱UFJMS/GS/JPM 野村/三菱UFJMS/GS/JPM
売出株数 4億9500万株 6600万株 4億1244万株
内外比率 8対2 8対2 8対2
売出価格 1400円 2200円 1450円
売出総額 6930億円 1452億円 5980億4133万円
上場時価総額 6兆3000億円 1兆3200億円 6兆5250億円
配当利回り 3.20% 2.55% 3.40%
引受手数料率 1.69% 1.69% 1.69%
売却後の出資比率 財務省80.49% 日本郵政89% 日本郵政89%
■第2次売り出し
決議日 2017年9月11日 2019年4月4日
グローバル・コーディネーター 大和/野村/GS 大和/三菱UFJMS/JPM
売出株数 9億2916万9900株 1億3667万0900株
内外比率 8対2 7対3
売出価格 1322円 2375円
割引率 2% 4%
売出総額 1兆2283億6260万円 3245億9338万円
配当利回り 3.70% 3.00%
引受手数料率 0.71% 0.73%/0.54%
売出後の出資比率 財務省56.6% 日本郵政65%程度
■第3次売り出し
決議日 9月頃
グローバル・コーディネーター 5~6月に決定
売出株数 最大10億6000万株
売出価格 1286円(4月9日終値)
売出総額 1兆3000億円超
売却後の出資比率 財務省33.3%程度

出所:キャピタルアイ・データ


CAPITAL EYE © 2016
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、株式会社キャピタルアイは一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、株式会社キャピタルアイ及び情報提供者に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。