CAPITAL EYE

株式・債券の発行市場にフォーカスしたニュースサイトです。

ブックランナー(株式)

有価証券の募集や売り出しで引受業務の中心的役割を担う証券会社のこと。スケジュール管理やマーケティング、札の配分、ロードショーの手配など案件の運営を主導する。引受株式数のメジャーシェアを握り、機関投資家分の需要の把握と販売業務に主体的に携わる。主幹事証券が務めるのが一般的だが、案件ごとに選定する発行体も少なくない。グローバル・オファリングでは、ブックランナーの中から選ばれた数社がグローバル・コーディネーターの肩書きでディール全体を統括する。

ブックランナーの数は近年、大型案件を中心に増加傾向にある。このため、引受シェアが10%未満の業者を対象とした「パッシブ・ブックランナー」や、販売網に合わせた「機関投資家分のみブックランナー」、「リテール分のみブックランナー」など役割を限定するディールが見られるようになった。

よく読まれている記事


CAPITAL EYE © 2016
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、株式会社キャピタルアイは一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、株式会社キャピタルアイ及び情報提供者に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。