CAPITAL EYE

株式・債券の発行市場にフォーカスしたニュースサイトです。

オーケー、統合差し止めなら関西スーパー<9919>に再度TOB提案

オーケー本社(2018年11月25日、横浜市西区)

オーケー本社(2018年11月25日、横浜市西区)

オーケーは17日、関西スーパーマーケットとH2Oリテイリンググループが12月1日に予定する経営統合のための株式交換について、オーケー側が申し立てた差し止めの仮処分が認められ、株式交換が中止された場合は、関西スーパーに対して再度、1株当たり2250 円による公開買い付け(TOB)を提案すると発表した。

申し立てが認められなかった場合は、TOBの提案は行わず、保有する関西スーパー株式は売却するとした。株価への影響を避けるため、市場売却はせず、株式交換に伴い会社法上認められている反対株主の株式買取請求権を行使する。キャピタル・アイニュースで続きを読む


CAPITAL EYE © 2016
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、株式会社キャピタル・アイは一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、株式会社キャピタル・アイ及び情報提供者に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。