CAPITAL EYE

株式・債券の発行市場にフォーカスしたニュースサイトです。

JOLED、デンソーなど4社から470億円を調達

JOLEDは23日、印刷方式有機ELディスプレイ量産のため、デンソーと豊田通商、住友化学、SCREENファインテックソリューションズを引受先とする第三者割当増資により、総額470億円の資金調達を実施したと発表した。能美事業所を開設し、2020年に世界初の印刷方式有機ELディスプレイの量産工場の稼働を開始する。

各社の出資額はデンソーが300億円、豊田通商が100億円、住友化学が50億円、SCREENが20億円。デンソーは車載向けディスプレイの開発を加速し、利便性の高いコックピットの早期実現を目指す。


CAPITAL EYE © 2016
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、株式会社キャピタルアイは一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、株式会社キャピタルアイ及び情報提供者に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。