CAPITAL EYE

株式・債券の発行市場にフォーカスしたニュースサイトです。

東証、市場区分の見直しを検討

東京証券取引所は29日、市場第一部、市場第二部、マザーズ、JASDAQの4つの市場区分を見直すと発表した。「市場構造の在り方等に関する懇談会」を設置し、市場構造を巡る諸問題や改善すべき点を踏まえた今後の在り方を検討する。構成員は神田秀樹学習院大学大学院法務研究科教授を座長とする6人。

東京証券取引所グループと大阪証券取引所が2013年7月に経営統合した際に、東証は上場会社の負担や投資者の混乱を避けるため、それまでの市場構造を維持していた。


CAPITAL EYE © 2016
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、株式会社キャピタルアイは一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、株式会社キャピタルアイ及び情報提供者に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。