CAPITAL EYE

株式・債券の発行市場にフォーカスしたニュースサイトです。

NATTY SWANKY(7674):肉汁餃子とビールに期待

NATTY SWANKYの公募増資と株式売り出しの募集期間が26日に終了した。28日に東証マザーズに上場する。以下は案件レビュー。

発行体によると「調味料を何も付けずに食べられる肉汁たっぷりの餃子が強み」。テイクアウトでの提供も行っている。

発行体によると「調味料を何も付けずに食べられる肉汁たっぷりの餃子が強み」。テイクアウトでの提供も行っている。

コード 7674/東マ
公募・売出株数 51万2000株
公募・売出価格 3270円
公募・売出総額 16億7424万円
オーバーアロットメント7万6800株
決議日 2月22日
条件決定日 3月19日
上場日 3月28日
上場時価総額 66億6426万円
ブックランナー SMBC日興

肉汁餃子とビールを提供する飲食店「ダンダダン酒場」の運営を手掛ける。2018年12月末時点で、首都圏の一都三県と名古屋市に直営店47店、フランチャイズ店19店を構える。

上場の目的は認知度向上と資金調達。「業態が顧客に支持されたことから、事業を伸ばしていけると考え、将来の社員数の増加に備え、社内の労務体制やコンプライアンス、ガバナンスを整える」(管理部)ための基盤固めという意味合いもあった。上場は3年ほど前に検討を始め、準備してきた。

商品や接客のほかに、店舗の設計や運営に特徴がある。既存店舗の広さは8坪から53.9坪まで幅広く、様々な物件に合わせた設計に対応できる。また、同一食材を複数種のメニューに展開して調理することで、「一般的な居酒屋が100種以上のメニューを揃えるところ、38種ほどに絞って提供することで、アルバイト従業員の調理への習熟とクオリティー向上が早まる」(管理部)と見ている。「餃子とビールは文化です」という力の入れようだ。

店舗については、乗降客数3万人の駅であることを基準にし、住宅街や繁華街、ビジネス街、商業ビルなど現時点で多様な場所に出店している。「一都三県に263駅あり、新規出店による成長が可能」(管理部)。キャピタルアイ・ニュースで続きを読む

 


CAPITAL EYE © 2016
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、株式会社キャピタル・アイは一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、株式会社キャピタル・アイ及び情報提供者に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。