CAPITAL EYE

株式・債券の発行市場にフォーカスしたニュースサイトです。

アクリート(4395):SMS配信のパイオニア

アクリートが26日に東証マザーズに新規上場する。以下は案件レビュー

コード4395/東マ
公募・売出株数 92万株
公募・売出価格 770円
公募・売出総額 7億840万円
決議日 6月22日
条件決定日 7月18日
上場日7月26日
上場時価総額 40億8100万円
ブックランナー SMBC日興

企業から個人の携帯端末に向けたSMS(ショートメッセージサービス)配信サービスを提供する。この分野では日本のパイオニア。企業からの様々な情報を短いメッセージとして送り、端末所有者の下での開封率を高め情報伝達を助ける。リクルートホールディングスやローソン、東京電力ホールディングスなど多くの企業が利用している。その用途は、情報提供だけでなく、個人認証などに広がっている。

キャピタルアイ・ニュースで続きを読む
 


CAPITAL EYE © 2016
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、株式会社キャピタルアイは一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、株式会社キャピタルアイ及び情報提供者に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。