CAPITAL EYE

株式・債券の発行市場にフォーカスしたニュースサイトです。

信和(3447):知名度高め、中・高層向け足場でシェア向上

信和が20日に東証2部に新規上場する。以下は案件レビュー。

コード 3447/東2
売出株数 1199万5800株(国内1063万6300株、海外135万9500株)
売出価格 1150円
売出総額 137億9517万円
オーバーアロットメント 179万2600株
決議日 2月15日
条件決定日 3月9日
上場日 3月20日
上場時価総額 158億5666万円
ブックランナー 野村

建築用の足場など仮設資材を主軸に金属製品を製造販売する。1977年9月に岐阜県羽島市で創業。戸建住宅やマンション用の足場で高い市場占有率を持ち、中・高層階向けでもシェア向上を進めている。2003年からは保有する金属加工技術を生かし、自動車部品を海外に輸出する際に格納するパレットなど物流機器分野にも進出している。

キャピタルアイ・ニュースで続きを読む
 


CAPITAL EYE © 2016
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、株式会社キャピタルアイは一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、株式会社キャピタルアイ及び情報提供者に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。