CAPITAL EYE

株式・債券の発行市場にフォーカスしたニュースサイトです。

クレジット市場:新発郵船・アコムが始動、CDSはSBGに出合い

アコム(横浜市港北区、2018年7月22日)

アコム(横浜市港北区、2018年7月22日)

16日のクレジット市場は、売り買いともにフローが少なかった。

債券相場で先物(9月限)は前日比6銭安の154円85銭と反落して取引を終了。15日の欧米債高を受けて買いで始まったものの、米国債の利回りが時間外取引で上昇したほか、日本銀行の国債買い入れオペの結果がやや弱いとの受け止め方から売りが出た。現物は来週20日の20年物入札を前に超長期ゾーンを中心に調整売りが出やすかった。新発10年物の利回りは同横ばいのマイナス0.235%。一時は2016年7月29日以来となる同0.255%に低下した。

日本郵船のコンテナ(2017/03/19 撮影 kikuchi)

日本郵船のコンテナ(2017/03/19 撮影 kikuchi)

一般債のセカンダリーでの売買は限定的。お盆の週最終日であるうえ、新発市場が来週に再開するのを前に積極的な取引が手控えられた。電力債の気配提示もあまり見られなかったという。キャピタル・アイニュースで続きを読む


CAPITAL EYE © 2016
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、株式会社キャピタル・アイは一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、株式会社キャピタル・アイ及び情報提供者に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。