CAPITAL EYE

株式・債券の発行市場にフォーカスしたニュースサイトです。

UUR:令和初の個人向けグリーンボンド、リピーターから引き合い

8日、ユナイテッド・アーバン投資法人(UUR)のリテールグリーンボンド(GB)が条件決定した。概要は以下の通り。

回号 19
リテール区分 リテール
年限 7年
発行額 100億円
表面利率 0.448%
発行価格 100
ローンチ・スプレッド 国債+61.6bp程度<CEYE算出>
参照国債回号 342
参照国債償還日 2026年3月20日
条件決定日 2019年5月8日
募集期間 2019年5月9~22日
払込日 2019年5月23日
償還日 2026年5月22日
格付け AA(JCR)
ブックランナー SMBC日興

UURのポートフォリオ

UURのポートフォリオ

令和に改元されてから初めての個人向けGBで、SMBC日興の単独案件。0.26~0.66%の仮条件を提示したうえ、0.448%で条件決定した。募集期間は9~22日。グリーンゆうゆう債という愛称を付した。資金使途は、グリーン適格資産の取得やリファイナンスで、具体的な対象は、変なホテル東京浜松町、スマイルホテルプレミアム札幌すすきの、イトーヨーカドー尾張旭店(愛知県)など。GB評価でJCRから最高位にあたるGreen1を取得した。

UURは、2010年以降に今回を含めて8本と、Jリートで最も多くのリテール債を発行している。「GBに興味を示すリピーターからの引き合いが多く、順調な売れ行きが見込める。低金利のなか、0.448%のクーポンも訴えている」(SMBC日興)としている。

UURは、住居、オフィス、商業施設、ホテルなどの用途や地域を限定しない不動産を対象にポートフォリオを構成しており、資産規模は約6500億円。ESGに関する取り組みとしては、昨年9月に本邦初の合同運用指定金銭信託スキームを用いたグリーンファイナンスによる資金調達を実施した。

[キャピタルアイ・ニュース 菊地 健之]


CAPITAL EYE © 2016
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、株式会社キャピタル・アイは一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、株式会社キャピタル・アイ及び情報提供者に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。