CAPITAL EYE

株式・債券の発行市場にフォーカスしたニュースサイトです。

韓国物サムライ債に勢い戻る、5年ぶり水準が視野に

韓国産業銀行(ソウル、2017年5月27日)

韓国産業銀行(ソウル、2017年5月27日)

韓国ネームのサムライ債が勢いを取り戻している。6月の米朝首脳会談で地政学リスクが後退したことを受け、投資家の買い意欲が回復したため。2015年度以降が1000億円割れとなっていたのに対し、今年度の公募債の発行額は11月7日時点で2420億円と、2013年度の2610億円に190億円まで迫っており、上回る可能性も指摘されている。

<今年度の韓国物サムライ債>

条件決定 発行体 回号 年限 発行額 償還日 表面利率 L対比 ブックランナー
11/7 KT 8 2 300 20/11/13 0.30% +20bp シティ/大和
8/28 KDB 48 3 500 21/9/3 0.23% +10bp メリル/三菱/みずほ
7/26 現代C 13 2 124 20/7/31 0.34% +24bp シティ/三菱/みずほ
7/26 現代C 14 3 55 21/8/2 0.40% +29bp シティ/三菱/みずほ
7/26 現代C 15 5 41 23/8/2 0.65% +49bp シティ/三菱/みずほ
6/29 KT 6 2 40 20/7/6 0.31% +22bp シティ/大和
6/29 KT 7 3 160 21/7/6 0.38% +27bp シティ/大和
6/21 KEXIM 17 1.5 700 19/12/27 0.16% +7bp 大和/メリル/三菱/みずほ
6/21 KEXIM 18 3 500 21/6/28 0.27% +15bp 大和/メリル/三菱/みずほ

※発行額:億円

南大門市場(ソウル、2017年5月27日)

南大門市場(ソウル、2017年5月27日)

総額2420億円の内訳は準ソブリンが1700億円で、コーポレート物が720億円。キャピタルアイ・ニュースで続きを読む
 


CAPITAL EYE © 2016
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、株式会社キャピタルアイは一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、株式会社キャピタルアイ及び情報提供者に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。