CAPITAL EYE

株式・債券の発行市場にフォーカスしたニュースサイトです。

財務担当に聞く:成田空港、コロナ後見据え機能強化

成田国際空港(2020年8月27日、千葉・成田市)

成田国際空港(2020年8月27日、千葉・成田市)

成田国際空港は、総額400億円程度の中長期債を最速9月上旬に起債する。1966年に新東京国際空港公団としてスタートした成田空港は、1978年の開港を経て、2004年に国が全額出資する特殊会社として民営化。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた各国の渡航制限により、2020年度に利用者が激減し、民営化以来初の赤字となった。一方、国による財政融資などの支援を得て、コロナ後を見据えた投資を続けている。財務部財務計画室長の花房直紀氏、主任の福田英哲氏、平野詩織氏に話を聞いた。

この記事は全文お読みいただけます。こちらをクリックしてPDFファイルをダウンロードしてください。


CAPITAL EYE © 2016
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、株式会社キャピタル・アイは一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、株式会社キャピタル・アイ及び情報提供者に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。